フタバの16SZが新型出て中古が安く出回っている。買おうかななんて思ったが今まで14SG買ったりT10J買ったりしたが結局売却した。僕の環境だとFrskyの受信機であるR-XSRがAccEss2.0となっているので最新ファームのTaranis X9Lite-Sとprotocolが色々混在しているTinyWhoop用に買ったJumper T18 Liteという物で使っている。両方とも技適付だ。MicroDroneの受信機を全てファームダウンしてFrskyのD-16モードに変更してJumper T18 LiteにすればTaranis X9Lite-Sも不要になりT18だけで飛ばすことが出来るし、普通はそうすると思う。では何故そうしないかと言うとFrskyのAccEssのロングレンジ性能と遅延が少ないというのが理由。これは結構重要でフタバのFHSSは結構旧い規格でフタバ純正の受信機と送信機であれば安定性はあるがレンジとか遅延など考えるとFrskyが良さそうなのである。ただ、フタバの送信機も16SZクラス以上になるとプロポの設定等よく出来ているので気になるんです。マルチプロトコル送信機も便利だけど専用品が一番なのは当然ですからね。フタバも900M帯とか出してきてるし気になりますね。笑)ドローンを取り巻く環境も日々厳しくなっているので色々対応に悩む今日この頃です。
IMG_3749